2005年08月10日

[IRB]世界ランキング ─ 南アが2位に浮上

8月8日発表のIRBラグビー世界ランキングで、 1位のニュージーランドを破った3位の南アフリカが2位オーストラリアを抜いて2位に浮上。 2003年10月に世界ランキングが発表されて以来最高位についた。

順位(元順位)国名       レイティング
 1位( 1→) ニュージーランド 89.85
 2位( 3↑) 南アフリカ    88.46
 3位( 2↓) オーストラリア  87.49
 4位( 4→) フランス     84.13
 5位( 5→) ウェールズ    83.08
 6位( 6→) イングランド   82.81
 7位( 7→) アイルランド   82.14
 8位( 8→) アルゼンチン   75.66
 9位( 9→) スコットランド  74.20
10位(10→) フィジー     73.47

首位ニュージーランドは変わらないが、レイティングはきわめて拮抗しており、 トライネイションズの豪州シリーズでワラビーズが連勝すれば、得点差にかかわらずオーストラリアが首位に、ニュージーランドが2位になる。 また、トライネイションズ第3戦でオーストラリアが勝利すれば、上位3チームが全てレイティング88ポイント台で並び、 この3チームの拮抗振りが浮き彫りになる。

いずれにしてもトライネイションズ3チームの上位は変わらず、結果によっては益々4位フランス以下の欧州勢を突き放す結果となり、 欧州勢は秋のテストマッチシリーズで巻き返しを図ることになりそう。

参考: IRB世界ランキングPlanet-Rugby  (いずれも英文)

posted by 晴耕雨読 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | [IRB]国際ラグビー評議会関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。