2005年05月19日

[Lions]ライオンズ、ウォームアップマッチメンバー発表

ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ監督クライヴ・ウッドワードは18日、 この23日に行われるアルゼンチン代表とのウォームアップマッチメンバーを発表。オドリスコル主将は休養するが、 先日45人目のメンバーとしてライオンズに参加したジョニー・ウィルキンソンを先発で起用するなど、豪華ラインナップとなった。

メンバー詳細は続きへ。

注目は先述の通りジョニー・ウィルキンソン。代表レベルでの試合は2年以上のブランクがあり、その動きに注目が集まる。 他では世界最高峰のLOと評されるアイルランドのコンビの一人、マルコム・オケリー。 同じアイルランドのバーンとのコンビはラインアウトで活きてくるはずで、ボールの安定供給のためには欠かせない存在となる。

主将はウェールズのマイケル・オーウェン。今季シックスネイションズでも渋い活躍を見せており、 充実した今チームを率いるという新たな役割を果たすこととなった。同じバックローにはスコットランドのサイモン・ テイラーとイングランドのルイス・ムーディ。どちらも堅実な仕事人で主将を盛り立てる。 イングランドのプレミアシップでプレーヤーオブザシーズンを獲得したマーティン・コリーはリザーブに名を連ねた。

CTBはアイルランドのゴードン・ダーシーとイングランドのオリー・スミスとのコンビ。 主将オドリスコルが抜けてダーシーとのコンビネーションが心配されるが、ヒッキー、 マーフィーのアイルランドコンビがバックアップすることで補いたい。また、左WTBのシェーン・ ウィリアムズは年を経るごとに調子を上げており、切れのある動きを期待できる。

会場はウェールズのカーディフ、ミレニアムスタジアム。主審は豪州のスチュアート・ディッキンソンが務める。

ライオンズはこの試合の翌日24日、一路ニュージーランドはオークランドに向けて出発することになり、その壮行試合となる。


ゲームキャプテンに任命されたマイケル・オーウェン
Copyright (c) BBC

出典:  Planet-Rugby (英文)
   BBCスポーツ (英文)

<出場メンバー>

フォワード:
 1 グレアム・ラウントゥリー (E)
 2 シェーン・バーン (I)
 3 ジョン・ヘイス (I)
 4 マルコム・オケリー (I)
 5 ダニー・グリューコク (E)
 6 サイモン・テイラー (S)
 7 ルイス・ムーディ (E)
 8 マイケル・オーウェン (W)

バックス:
 9 ギャレス・クーパー (W)
10 ジョニー・ウィルキンソン (E)
11 シェーン・ウィリアムズ (W)
12 ゴードン・ダーシー (I)
13 オリー・スミス (E)
14 デニス・ヒッキー (I)
15 ゴードン・マーフィー (I)

リザーブ:
16 スティーヴ・トンプソン (E)
17 ジュリアン・ホワイト (E)
18 ドンカ・オカラハン (I)
19 マーティン・コリー (E)
20 クリス・キュージター (S)
21 ロナン・オガーラ (I)
22 シェーン・ホーガン (I)

この記事へのコメント
ウィルコ先発ですね。当日のパフォーマンスしだいでは、テストマッチ先発もありえますよね。NZでは、ウィルコ→BOD→シェーン.ウィリアムスというシーンをみたいですね。
それにしてもアルゼンチンは、W杯開幕戦出場など、イベントの良い出汁として使われることが多いですね。ライオンズの皆様、怒れるピューマのロータックルに気をつけてくだされ。
Posted by LOMM at 2005年05月19日 16:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

一人で気負いすぎ?
Excerpt: 今私が所属しているラグビーチームに、ちょっとした問題?(私だけが思っている事かもしれませんが・・・)が勃発しています。ソレは、みんなのラグビーに対する考え方がバラバラになってきちゃってる事です。そう、..
Weblog: BACK THREE
Tracked: 2005-05-20 23:54