2005年12月18日

[3N]2006年トライネイションズ、日程発表

南半球強豪3カ国(ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア)の間で争われるトライネイションズの来季2006年日程が発表された。

<2006 トライネイションズ ‐ 試合日程>

7月 8日: ニュージーランド vs オーストラリア (クライストチャーチ)
7月15日: オーストラリア vs 南アフリカ (ブリスベン)
7月22日: ニュージーランド vs 南アフリカ (ウェリントン)
7月29日: オーストラリア vs ニュージーランド (ブリスベン)
8月 5日: オーストラリア vs 南アフリカ (シドニー)
8月18日(または19日): ニュージーランド vs オーストラリア (オークランド)
8月26日: 南アフリカ vs ニュージーランド (南アフリカ(詳細未定))
9月 2日: 南アフリカ vs ニュージーランド (南アフリカ(詳細未定))
9月 9日: 南アフリカ vs オーストラリア (南アフリカ(詳細未定))

来季から3試合ずつに拡張されるトライネイションズは、各対戦相手とのホームゲームの数が毎年入れ替わる方式となった。 そのスタートとなる来季は、ニュージーランド(オールブラックス)がオーストラリア(ワラビーズ)戦でホームゲームを2試合、 オーストラリアは南アフリカ(スプリングボクス)戦でホームゲームを2試合、 南アフリカはニュージーランド戦でホームゲーム2試合を行うこととなった。

今季の実績からはニュージーランドと南アフリカの実力は拮抗しており、 その対戦でホームを多く戦える南アフリカがやや有利な日程となっている。 その争いにどこまでオーストラリアがけが人の復調から体勢を立て直して割り込めるか、というところに見所がある。

なお、ニュージーランド協会(NZRFU)とオーストラリア協会(ARU)はそれぞれ、 トライネイションズに先立つテストマッチ日程を発表した。

<関連テストマッチ日程>

[ニュージーランド]
6月10日: ニュージーランド vs アイルランド (ハミルトン)
6月17日: ニュージーランド vs アイルランド (オークランド)
6月24日: アルゼンチン vs ニュージーランド (ブエノスアイレス)

[オーストラリア]
6月10日: オーストラリア vs イングランド (シドニー)
6月17日: オーストラリア vs イングランド (メルボルン)
6月24日: オーストラリア vs アイルランド (パース)

アイルランドはシックスネイションズを終えてニュージーランドからオーストラリアに渡り、厳しい3連戦を行う。また、 イングランドはオーストラリアでアウェイ2戦を行うことになる。
ニュージーランドはアルゼンチンと敵地ブエノスアイレスで対戦する。ここ数年では珍しいカードで、ホームでの強さに定評のあるピューマズ (アルゼンチン代表)に対してもその強さを誇示できるか注目される。

posted by 晴耕雨読 at 12:14| Comment(7) | TrackBack(1) | [3N]トライネイションズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
晴耕さん、情報ありがとうございました。
トライネイション.代表レベルの選手にとっては、ますます過密かつハードな日程になりますね。燃え尽き症候群が心配です。
負けが許されない事に関しては随一であるNZは、2007年W杯開幕の時には、すでに疲れ果ててしまうかもしれないですね?
それと、NZラグビーを支えてきた地域に根ざしたクラブラグビーは、一体どうなっているのでしょうか?
オールブラックス絶頂期とはいえ、NZも、難しい問題を抱えているような気がします。
それにしても、なぜここまでテストマッチを増やす必要があるのでしょうか?商業的な理由でしょうか?
最近は、テストマッチの重みが薄れてきている感じもします。若手有望選手に、青田買い的にキャップを与えることも多いようですし...
最近の世界ラグビー界を批判しているわけではないのですが、このような事は、時代の流れゆえ、仕方がないことなのかもしれませんね。

長文.愚見.失礼いたしました。
Posted by LOMM at 2005年12月18日 18:09
こんにちは。お恥ずかしながら、トライネーションズの試合数が増えるのは、このスケジュールを見るまで知りませんでした。ファンとしては、この三ヶ国の対戦が多く見られるのはうれしいのですが、LOMMさんのコメントにもあるように、確かに代表選手には辛いスケジュールと言えるかもしれませんね…。

オールブラックスに関して言うと、晴耕さんも書かれているようにアルゼンチン戦が注目ですね。
Posted by nzsheep at 2005年12月19日 17:14
晴耕さん、こんにちは。

話は変わりますが、ジャック.フールーが亡くなったようですね。晴耕さんにとって、非常に思い入れの強い人物かとも思うのですが...
Posted by LOMM at 2005年12月20日 15:41
LOMMさん、nzsheepさん、コメントありがとうございます。

元オールブラックスのマーシャルはこの過密スケジュールやNZ協会の商業主義的な試合日程の組み方に反発して母国を出たんですよね。明言はしていませんが、今フランスのカストルで主将をしているケース・ミューズなども同じ理由でテストから引いたと思います。

試合が増えることは見る側にとっては楽しみが増えるようで一見良さそうですが、選手や監督など関係者が一つ一つの試合の価値を低く見て行けば内容的には後退してしまい、結局よりレベルの高い試合を見たいと思っているファンにとっては残念な結果を招きかねませんよね。また、選手の怪我も不安要素の一つですね。

個人的にはW杯のあるうるう年前年にはどういう日程で試合をするのか気になります。更に過密になるような・・・。

肉体的にハードなラグビーというスポーツの宿命かもしれませんが、なんとかうまくバランスの取れたスケジュールを組めないものかと思います。誰か関係者から良いアイデアは出てきませんかね・・・。

ジャック・フールー氏死去のニュースについては、衝撃的でした。1980年代(W杯第1回大会含む)の名将ですから、私にとっては神様みたいな人ですね。選手としての記憶はもちろんなく、監督としてもそれほど前面に出る人ではなかったので実は名前くらいしか深い印象はありませんが、それにしても残念です。

別途ニュースを載せたいと思いつつ、滞っていました。お知らせありがとうございます。
Posted by 晴耕雨読 at 2005年12月20日 17:56
christian ルブタン <a href="http://www.guccieleventhjp.biz/" title="財布 ファスナー">財布 ファスナー</a>
Posted by 財布 ファスナー at 2013年07月20日 14:40
ルブタン 通販 <a href="http://www.clearthjp.biz/" title="クリスチャンルブタン通販">クリスチャンルブタン通販</a>
Posted by クリスチャンルブタン通販 at 2013年07月20日 14:40
通販 人気 <a href="http://www.cleagerjp.biz/" title="クリスチャンルブタン 取扱店">クリスチャンルブタン 取扱店</a>
Posted by クリスチャンルブタン 取扱店 at 2013年07月20日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

オールブラックス 2006年テストマッチスケジュール
Excerpt: すでに「ワールドラグビーニュース」の晴耕雨読さんがすでにエントリされておりますが、オールブラックスの2006年のテストマッチスケジュールが発表になりました。 日付
Weblog: rugrug
Tracked: 2005-12-19 17:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。