2005年05月07日

[NZ]ヘンリー代表監督、2007年まで契約延長

ニュージーランド代表オールブラックスの監督、グレアム・ヘンリーと、そのアシスタントコーチ、ウェイン・スミスとスティーヴ・ハンセンは6日、ニュージーランド協会との契約を2007年終了まで延長することに合意した、とニュージーランド協会が発表した。

3首脳は2004年から契約し、今年2005年のシーズン終了後に契約期間が一旦切れることになっており、ニュージーランド協会は来るライオンズシリーズを待たずして2007年のW杯フランス大会をヘンリー監督以下に任せる決断をしたことになる。

NZRU(ニュージーランド協会)のチェアマン、ジョック・ホッブスは次のように語り、協会が3氏を高く評価していることを強調した。

「われわれ協会は今のコーチングチームの仕事によって輝きを取り戻した。それはオールブラックスのフィールドでの結果もさることながら、ニュージーランドラグビーの環境にとっても高いパフォーマンスを引き出せるよう多大なる努力を示してくれたことによるものだ。これらの努力は昨年12月から行われている包括的ハイパフォーマンス開発計画に大きく寄与してくれるものと考えている。」

また、ヘンリー監督も「ライオンズツアー、年末のグランドスラムツアーなど今年は大きなツアーが組まれているが、トライネイションズや次の年に向けての準備を怠らず、われわれができるベストを2007年まで尽くしたい。」と長期的な視野での戦略を示唆し、その意気込みをあらわした。

出典: ニュージーランド協会公式ページ 『オールブラックス.com』 (英文)

posted by 晴耕雨読 at 17:09| Comment(2) | TrackBack(0) | [News]国別ラグビーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Sam]マイケル・ジョーンズ、サモア代表監督を継続

サモア代表監督で元ニュージーランド代表オールブラックスの伝説的名FLマイケル・ジョーンズ氏がサモア協会(SRU)との契約を1年延長することに合意した。

ジョーンズ監督はフォワードコーチのピーター・ファティアロファ、バックスコーチのアンディ・アイルポとともにサモア代表を率いて1年になるが、この両氏もともに契約延長を行う。また、テクニカルアドヴァイザーとして元オールブラックスCTBフランク・ブルース氏も留任が決まった。

サモア代表は6月にオーストラリア遠征を行って豪州代表ワラビーズと対戦するほか、7月からパシフィック・トライネイションズシリーズでトンガ、サモアとともにホーム&アウェイのリーグ戦を行う予定。また、11月には北半球への遠征も予定されており、イングランド、スコットランドの両代表と対戦。その後南半球へ戻ってアルゼンチン代表と対戦することになる。

直近のワラビーズ戦は6月11日、シドニーのオリンピック・スタジアムで行われる。

出典: Planet−Rugby (英文)

posted by 晴耕雨読 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | [News]国別ラグビーニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S12]第11節 プレビュー ─ シャークス vs ブルズ

スーパー12第11節最後はシャークス対ブルズの南半球対決。南半球対決で盛り上がるのはなんと言っても大きな体と体のぶつかり合い。文字通りの肉弾戦だが、両チームとも役者がそろい、その準備は整っている。

シャークスはようやく復帰のフライハーフ、ブッチ・ジェームスにWTBメンツとブランビーズに勝利したころのメンバーが戻ってきた。体格的にも気持ち的にも向かっていくタイプだけにこの南ア対決では見るほうにとって大いに楽しめそう。あとはスミット、フェンターの両ベテランがうまくフォワードを引っ張って、地元で最後の花を咲かせたい。

一方ブルズは地元南アに帰ってから怒涛の勢いで勝利を重ね、ついに決勝進出が見えてきた。アウェイ戦とはいえ南ア国内のライバル対決とあれば問題なく戦えるはず。一気に決勝進出を決めるためにここは是が非でも勝利がほしい。ゲイリーとバッキースの両ボタを控えに回しリフレッシュしたほかはほぼ固定メンバーで、このところの安定感を物語っている。後半やや尻すぼみになる面をこの両名がスーパーサブとして救ってくれるはず。期待は高まる。

<注目選手>

シャークス: ブッチ・ジェームス(10)
 お待たせの復帰にファンも一安心。ここまで不振が続くとは思っていなかったろうが、チームの低迷を吹き払う活躍をファンならずとも期待してしまう。南アのフライハーフにふさわしく、肉弾戦得意でそこからリズムをつかんでいくタイプ。ライバル相手に燃えないはずがない。

ブルズ: モルネ・スタイン(10)
 今季スーパー12デビューの新鋭。フーハートの不在を受けてから脚光を浴び、今やチームを支える中心の一人に。安定したキックもさることながら、堅いディフェンスはジュニア時代からの定評で、チームが接戦をものにしてきた原動力でもある。人気の高いブッチ・ジェームスとの対決も見もの。

<過去の対戦>

シャークス: 4勝1分(うちホーム2勝1分)
ブルズ: 2勝1分(うちホーム1勝1分)

シャークス優勢の戦跡も、ここ3年間はそれぞれアウェイゲームを制しており、様相が様変わりしている。今年の出来ならブルズに有利だが、役者のそろったシャークスもライバル相手に盛り上がりを見せるはず。

接戦は必至だが、シャークスに軍配と見る。

出場選手は続きへ。

参考: Planet−Rugby (英文)

続きを読む
posted by 晴耕雨読 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(1) | [S14]スーパー14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S12]第11節 プレビュー ─ ブランビーズ vs チーフス

スーパー12第11節の重要な一戦、ブランビーズ対チーフス。

ブランビーズはまだ決勝進出の可能性を残しながらも、続出するけが人で身動きが取れない。ラスボーンの復帰は心強いが、グレーガン&ラーカムのベテランハーフバックに加え、デビュー以来ここまで連続出場を果たしてきたジョージ・スミスが腰の故障でフィットネステスト通過ならず。代わりに19歳の新鋭FLサルヴィが入ることに。わずかに残る連覇の可能性には勝っておかなくてはならない状況に、起死回生の試合を期待したい。

一方のチーフスも、決勝進出についてはブランビーズとほぼ同じ状況。しかもこちらはアウェイゲームで好成績を残して這い上がってきた上昇中の状況だけに強みは多い。ギッベス主将を中心としたフォワードのまとまりにセカンド・ファイヴになって俄然勢いをつけたヒルが中心となるバックスのスピードが加わってよい流れを生み出している。巻けた時点で決勝進出の望みを断たれる決戦に盛り上がりは必然。

<注目選手>

ブランビーズ: ジュリアン・サルヴィ(7)
 試合前インタビューでは不動の先発と目されていたジョージ・スミスの故障で急遽回ってきたチャンスに緊張気味。昨年高卒後即ブランビーズと契約も安定したチームに出場機会はなく、これが初の大役となる。187cm104kgとFLとしてはまずまずの体格で、機動力とボールへの執拗な絡みを期待したい。

チーフス: エイドリアン・キャッシュモア(15)
 元トヨタ自動車のベテランが再び先発起用。これに応えて奮起できるか、期待が高まる。スピード抜群のアネシに代わって味のあるフィールディングを見たいところ。

<過去の対戦>

ブランビーズ: 7勝(うちホーム4勝)
チーフス: 3勝(うちホーム2勝)

リーグ戦、決勝戦ともにブランビーズ断然の戦跡。2000年からはチーフスに勝利はなく、ブランビーズの安定感が伝わってくるが、今年はその安定感を欠いているだけに油断はできない。10点差前後でブランビーズの勝利と見る。

出場選手は続きへ。

参考: Planet−Rugby (英文)

続きを読む
posted by 晴耕雨読 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | [S14]スーパー14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[S12]第11節 プレビュー ─ ハイランダーズ vs クルセイダーズ

スーパー12第11節は目が離せない試合が目白押し。ハイランダーズ対クルセイダーズは、ニュージーランド南島対決となるライバル同士であることに加えて、クルセイダーズはリーグ戦優勝と決勝トーナメントでのホームゲーム権利獲得に向けて、ハイランダーズはその決勝進出へ向けてここで一気に片をつけてしまいたい大事な試合だ。

ハイランダーズは、復帰したニック・エヴァンスを中心に巧みなゲーム運びのバックスをホフト、オリヴァー、ハイマンの強力フロントローが支えるフォワードが盛り立てて勝利を重ねてきたが、前節ついに首位ワラタスに地元ダニーデンで敗れ、一息といったところ。今節クルセイダーズも決勝進出してもいずれは対戦が予想される上位陣だけにここできっちりと倒しておきたい相手だ。

クルセイダーズはマッコウ、マクスウェルの復帰はまたも見送られたが、それでも豪華なラインナップに変わりはなく、前節と同じメンバーで臨む。特に定着感のあるバックスはそのまま代表で問題ないほど洗練されており、資格はほとんど見当たらない。残り2試合をきっちり勝って首位でフィニッシュしておくことが目標となる。

<注目選手>

ハイランダーズ: アントン・オリヴァー(2)
 主将としてここまでチームを引っ張ってきた躍進の一番の功労者。安定したフォワードを維持するテクニックはさすがで、昨年の代表復帰もうなずける活躍。あらゆる場面で手本となるようなプレーに注目。

クルセイダーズ: コリー・フリン(2)
 ブルーズのメアラム、ハイランダーズのオリヴァー、ハリケーンズのホアらに代表の主役を奪われている感のある昨今のフリンだが、自慢の走力にラインアウト、スクラムでの安定感も増し、他の有力HOにまったく引けをとらない。チームのムードメーカーでもあり、彼の活躍でチームが盛り上がること間違いなし。

<過去の対戦>

ハイランダーズ: 4勝(うちホーム3勝)
クルセイダーズ: 8勝(うちホーム6勝)

ホームゲームでは勝率の良いハイランダーズだが、一昨年は1点差で惜敗、’99年は決勝での対戦で5点差と惜しいところで涙を呑んでいるのが印象的。前節の無抵抗さは気になるが、接戦に持ち込めば勝機は十分。

10点差以内でクルセイダーズと見るが、侮れないハイランダーズには大いに注目したい。

出場選手は続きへ。

参考: Planet−Rugby (英文)

続きを読む
posted by 晴耕雨読 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | [S14]スーパー14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。